ROAD TO NIRVANA

愛とポエムとお花のブログ。ときどき書評。たまに映画レビューとか。

読書

絶望の存在証明 / ブレット・イーストン・エリス『帝国のベッドルーム』を読んで

どうやら『レス・ザン・ゼロ』を読んで、もう四半世紀くらい過ぎたらしいが、俄かには信じ難い。 信じ難いが、それだけの時は流れたようだ。 あらためて振り返ってみると、邦訳されたエリスの作品はすべて読んでいることを思い出す。 そしてそれらのどの物語…

Surfing the wave of Gamification/『となりの婚活女子は、今日も迷走中』レビュー

となりの婚活女子は、今日も迷走中作者: 大西明美出版社/メーカー: かんき出版発売日: 2016/08/10メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る 今回、レビュープラスさんより献本していただいたのは、『となりの婚活女子は、今日も迷走中』…

『ママ、もっと自信をもって』レビュー

ママ、もっと自信をもって 作者: 中川李枝子 出版社/メーカー: 日経BP社 発売日: 2016/04/14 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る おれはママではない。なぜならパパだからだ。いや、パパでもない。なぜなら我が家では「父さん」と呼ばれて…

Subliminal Calling /『一瞬で心をつかむ文章術』レビュー

一瞬で心をつかむ文章術 (アスカビジネス)作者: 石田章洋出版社/メーカー: 明日香出版社発売日: 2016/06/08メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る レビュープラスさんより献本していただいた『一瞬で心をつかむ文章術』を読んだ。 読…

『仏教思想のゼロポイント』を読んだ

横浜も梅雨入りしたようだ。肌寒い朝だ。雨の音と換気扇の音がする。 とりたててすることがないのは、いつものことだが、今朝は特に何もない。 とりあえずコーヒーを啜った後、再び布団に潜り込んだり、また起きたりしながら、断続的に読み進めていた『仏教…

カネを貯めるより血を溜めろ/『血流がすべて解決する』レビュー

血流がすべて解決する作者: 堀江昭佳出版社/メーカー: サンマーク出版発売日: 2016/03/11メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る 実に興味深い本である。 人生のあらゆる問題は、まず血流を増やすことで好転していくのだという。 本の…

反語としての思考法/『複数の問題を一気に解決するインクルージョン思考』レビュー

複数の問題を一気に解決するインクルージョン思考作者: 石田章洋出版社/メーカー: 大和書房発売日: 2016/05/21メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る ローリング・ストーンズのアルバム「アンダーカバー」に収録されている「It must b…

For default avoidance /『 “考える人”の育て方』レビュー

レビュープラスさんより献本して頂いた『世界への扉を開く"考える人"の育て方』を読んだ。 世界への扉を開く“考える人"の育て方-国際バカロレア(IB)教育が与えるインパクト (大前研一通信特別版)作者: 大前研一他,ビジネス・ブレークスルー出版事務局出版社/…

Thank than hack.

人生はゲームだという。そしてそのゲームは二つのステージで構成されていて、第1ステージは我を忘れることが目的だが、第2ステージでは一転して我に帰ることから始まるのだという。 そんな本を読んだ。 「ザ・マネーゲーム」から脱出する法作者: ロバート・…

酉の市と(日本人)

今年の酉の市は三の酉まであった。そういう年は火事が多いと聞くが三の酉に関わらず火の元には気をつけたいものだ。 ここ数年酉の市には出かけていなかったが、今年はふと気が向いたので家族揃って一の酉に行ってきた。 ? TOP - 金刀比羅大鷲神社 一の酉とい…

What is success for you?

アメリカでは11月中旬に来年の抱負を決めるのが習わしだという。「一年の計は元旦にあり」と聞かされて育ってきた日本人と1ヶ月以上の時間差がある。今日は11月29日だが、すでに多くのアメリカ人たちは来年に向けて動き出していると考えると気の早いものだと…

Let go and let's go !

減らす技術 新装版作者: レオ・バボータ出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン発売日: 2015/07/30メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る 『減らす技術』を読んだ。断捨離系の本なのかと思っていたが、それとは少し毛色が…

『メンターが見つかれば人生は9割決まる!』レビュー

メンターが見つかれば人生は9割決まる! 作者: 井口晃 出版社/メーカー: かんき出版 発売日: 2015/07/10 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 理想の人生の実現が、9割約束される方法があるとすればそれは一体どんなものなのか。…

Don't let the world pass you by / 堀江貴文『ゼロ』を読む

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく作者: 堀江貴文出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2013/11/01メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (43件) を見る 堀江貴文の『ゼロ』を読んだ。あのホリエモンの自伝というか半生記と…

『悪童日記』と不浄観

戦争とは統合された狂気だ。そして狂気とは必ず過去か未来に属している。そこに「気づき」は存在しない。あるのは記憶と推測だけだ。記憶や推測は思考だ。思考は言語だ。 アゴタ・クリストフの『悪童日記』を読んだ。 『悪童日記』(あくどうにっき、仏: Le …

学習のお供 Gimbleトラベラー

レビュープラスさんより変わり種の案件を頂いた。 本ではない。モノだ。 その名もGimbleトラベラー。 上記リンクに飛んでもらえればわかると思うが、「ページ押さえ」に使う。 「トラベラー」と銘打っているだけに携帯性に主眼を置いているようだが、おれは…

Your place of the next era.

手にした人だけが次の時代に行ける黄金のボタン (ALL WIN出版)作者: 小楠健志出版社/メーカー: ALL WIN出版発売日: 2014/08/01メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る 手にした人だけが次の時代にいける 成功のための「黄金のボタン」…

猿の心、この書を開くべからず/『人を操る禁断の文章術』レビュー

人を操る禁断の文章術作者: メンタリストDaiGo出版社/メーカー: かんき出版発売日: 2015/01/21メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見る おそらく、禅の教えから来ているのだろう。モンキーマインドという言葉がある。 「人の思考…

Can you hear the sad song ? /『ただそのままでいるための超簡約指南』レビュー

ただそのままでいるための超簡約指南(覚醒ブックス)作者: J・ジェニファー・マシューズ,古閑博丈出版社/メーカー: ナチュラルスピリット発売日: 2014/10/08メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る 薄い本である。100ページにも満たない…

Get back your soul !/『なぜ年収3000万円の男はセンスにこだわるのか?』レビュー

なぜ年収3000万円の男はセンスにこだわるのか? 作者: 臼井由妃 出版社/メーカー: かんき出版 発売日: 2015/02/04 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る それにしても、あまりにも唐突な問いである。 「なぜ土星に咲く花は黒いのか?…

日本とは日本語のことである

ヒップホップの詩人たち作者: 都築響一出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2013/01メディア: 単行本 クリック: 2回この商品を含むブログ (7件) を見る 唐突に、これまでまったく興味のなかったジャンルに目覚めることがある。 ここ1カ月、ずっとヒップホップと…

私というスコトーマ

何年か前に「スコトーマ」という言葉を知った。「盲点」という意味らしいが、現在では、心理的盲点の意味合いで用いられている場合がほとんどのようだ。 今日は終日家にこもり、コタツで寝たり起きたりして過ごしたが、それとスコトーマとは何の関係もない。…

1分間の革命/『本気で変わりたい人の行動イノベーション』レビュー

本気で変わりたい人の 行動イノベーション --- 本当の欲望に素直になれば、やる気が目覚める― 作者: 大平信孝 出版社/メーカー: 秀和システム 発売日: 2014/09/18 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 久々のレビュープラスさん案件。 とい…

村上春樹 『1Q84』考/②21世紀の『豊穣の海』

前回は、『1Q84』を読んでいるときに脳内再生されたJ-POPについて触れた。長い物語を読んでいると色々なことを思い出す。そのうちのひとつに、三島由紀夫の『豊穣の海』がある。 第一巻は貴族の世界を舞台にした恋愛、第二巻は右翼的青年の行動、第三巻は認…

村上春樹『1Q84』考 /① 分厚いラブソング

2週間かけて、村上春樹の『1Q84』を読了した。出版直後にBOOK 1、2をすぐに購入し読んだのだが、後になって発売されたBOOK 3は未読のまま数年が過ぎていた。それを今回あらためて読もうと思ったのは、娘の友だちが『1Q84』にハマっているという話を聞いたか…

佐藤秀峰の『漫画貧乏』をおれも読む

最近、Feedlyに登録したイケダハヤト氏のブログで、こんな記事を見た。▼ [無料] 佐藤秀峰氏のエッセイ「漫画貧乏」がえげつなくリアルで読んでて辛いレベル : まだ東京で消耗してるの? ふだんあまりというか全然、漫画は読まないが、佐藤秀峰氏の電子書籍の…

Geek's Leak Shake The World/『スノーデンファイル』レビュー

スノーデンファイル 地球上で最も追われている男の真実 作者: ルーク・ハーディング Luke Harding,三木俊哉 出版社/メーカー: 日経BP社 発売日: 2014/05/16 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る レビュープラスさんより献本いただきました。…

『チームの「やる気スイッチ」を入れる5つの方法』を読んだ。

photo credit: uncoolbob via photopin ccレビュープラスさんより献本いただきました。あくまでも個人的感想だが、不思議な本を読んだというのが読後の第一印象だ。自分から動こうとしないスタッフをいかに自発的になってもらうかという、分かりやすいと言え…

スピリチュアルの波打ち際/村上春樹『女のいない男たち』を読んだ。

photo credit: davidyuweb via photopin cc “村上春樹さん(65)の短編小説集「女のいない男たち」(文芸春秋)が18日、全国一斉に発売された。”…iPhone並みだな。 http://t.co/pjCZMdTCRX— go-nirvana (@igomild) 2014, 4月 17そういうわけで、おれも早…

連休終了

正月休みも今日で終わり。最終日はホームセンターで買い物をして、20%OFFSALE中のブックオフで、本を数冊買って幕を閉じた。あまりにも地味な休日であった。また明日から仕事である。すでに来週末が待ち遠しい。そんなこんなで、いよいよ始動。どうなること…

ホット・ウォーター・ミュージック

冬の寒い朝に顔を洗うとき、あるいは夜に熱い風呂に浸かるとき、おれはチャールズ・ブコウスキーの『ホット・ウォーター・ミュージック』を思い出す。 思い出すと言いながらその実、内容はまるっきり覚えていない。 若い頃は、蛇口を捻ればすぐにホット・ウ…

正月の過ごし方

もういくつ寝るとお正月、である。 初詣以外、特に予定もないおれは休みの間は引きこもろうと考えている。 休みがどのくらい取れるのかが問題だが。 それはともかく、正月はコタツに入って本を読むつもりだ。 そういうわけで、正月休みに読む予定の本。 コリ…

Outsider has gone to the outside of this world.

おとといコリン・ウィルソン - Wikipediaがこの世のアウトサイドに旅立ったという。 おれはそんなに熱心な読者ではなかったが、それでも『アウトサイダー』からは多くの示唆を与えられた。そして作品もさることながら、職を転々とし、昼間は大英博物館で執筆…

コタツに入って本を読もう

12月である。 冬である。冬と言えばコタツである。 ぬるいコタツに肩まで潜り込み本を読む。 これぞ頭寒足熱の極み。 身体を緩め意識だけをソリッドに保つ。 読むならできるだけイかれたやつがいい。 そこで、コタツに合う小説をピックアップしてみたいと思…

炬燵の休日

晴天。 されど終日引きこもり。ほとんどをコタツにもぐりこんで過ごす。 読書。久々に町田康の本を読む。ポップな寂寥感に包まれる。 ゴランノスポン作者: 町田康出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2011/06/29メディア: 単行本 クリック: 27回この商品を含むブ…

フォーカシング

先日、図書館で何気なく手に取ってそのままなんとなく借りて読んだフォーカシングに関する本が意外に面白かった。 フォーカシングとはセラピーというかカウンセリングメソッドである。 臨床心理学の用語。ユージン・ジェンドリンにより発見された、人間の体…

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」を読んだ。

photo credit: DELLipo邃「 via photopin cc ネットで村上春樹が新刊を出したことを知り、早速購入し一気に読了した。