読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ROAD TO NIRVANA

愛とポエムとお花のブログ。ときどき書評。たまに映画レビューとか。

Don't let the world pass you by / 堀江貴文『ゼロ』を読む

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく作者: 堀江貴文出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2013/11/01メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (43件) を見る 堀江貴文の『ゼロ』を読んだ。あのホリエモンの自伝というか半生記と…

私というスコトーマ

何年か前に「スコトーマ」という言葉を知った。「盲点」という意味らしいが、現在では、心理的盲点の意味合いで用いられている場合がほとんどのようだ。 今日は終日家にこもり、コタツで寝たり起きたりして過ごしたが、それとスコトーマとは何の関係もない。…

Fool to cry

明日、と言うよりあと数時間で冬休みが終わるのにまだ宿題が終わっていない息子の姿を見ていると、「子は親の鏡」という古から伝わる金言があまりにも重くのしかかり、あまりにも残念な気持ちになる。今こうしている間にも、気がつけば、漢字の宿題ではなく…

おれたちは天国を目指している/It must be hell

テレビが明るい空騒ぎを流せば流すほど、なぜか、現実が一層その暗さを濃くしていくような気がする年の瀬には、ストーンズの「It must be hell」がよく似合う。▶︎ROLLING STONES - IT MUST BE HELL on Vimeo そういうわけで、またザックリと訳してみた。原詩…

㊗︎ストーンズチケット当選しました。

そういうわけで、昨夜めでたくストーンズ公演チケット当選いたしました。 ▲おれは、3月6日の最終公演。(とか何とか言って、また追加公演とかもありそうだが) ストーンズの来日公演はこれで6回目らしい。 毎回参加している割りにはまるで覚えていない。 ス…

何か良いことがきっとあなたに起こるだろう/Jajouka

photo credit: Emilia Tjernström [Arriving at the horizon] via photopin cc ストーンズ来日記念第2弾は、ブライアン・ジョーンズのジャジューカ - Wikipediaである。 「である。」などと偉そうな口調にしてしまったが、このモロッコ音楽を語るほどの知識…

ジャンピング・ジャック・フラッシュは般若心経である

来年のストーンズの8年ぶりの来日公演が発表されたのを祝してストーンズ関連記事を散発的に、気が向いた時に書いていこうと思う。 まあ関連記事と言っても極めて個人的な呟きのようなものだ。 そういうわけで、その第一弾としてジャンピングジャックフラッシ…

ローリング・ストーンズ来日‼︎

なんということだ。カネもないのにストーンズが来日するという。 なんてことをしてくれるのだ。 しかしこれはおれに課せられた修行に違いない。 早速チケットぴあの会員登録をして特別独占先行予約(抽選)をした。 楽しみだ。 受付期間 2013年12月4日〜2013…