読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ROAD TO NIRVANA

愛とポエムとお花のブログ。ときどき書評。たまに映画レビューとか。

You gotta move!

photo credit:reclaimedhome via photopin cc

普段何も考えることなく生きているので、なぜ自分がそんなことを思いついたのかよく分からないことが多々ある。いや何かは考えているのだろうが(たぶん)、すぐに忘れてしまうことが多いのだ。その自分の忘れっぽさを何とかしようとしたのが始まりだったのかもしれない。

ここのところ色々なブログで、iPhoneアプリ「moves」のレビューをよく見かけていた。それによると、このアプリはいったん起動させたらずっとバックグラウンドで位置情報を記録し続けてくれるのだという、すべてを記録するのだと執念を燃やすライフロガーや連日記憶がなくなるほど泥酔するような人やあるいはおれのような健忘症の人たちにとっては喜ばしいことこの上ないアプリだ。もちろんその分バッテリー消費量は増えるもののそれで欠落した記憶の埋め合わせができるのならどうということはないだろう。

そう思ったおれは早速「moves」をインストールした。ついでに、今さらではあるが、「Foursquare」も入れておいた。それが昨日のことだ。一日の終わりに「moves」のログを振り返り、エバーノートに送信した。なるほどこれはなかなかいいかもな。「Foursquare」の方はチェックインをたびたび忘れること必至だが、「moves」は自動で行動の軌跡を残してくれる。何となく電柱にオシッコをひっかける犬のようでもあるな、などと思いながらグラフィカルなGPSアプリをひとしきり眺めた後、Twitterタイムラインに移るとそこには、「placeme」というアプリが紹介されているではないか。何ということだ。おれはすぐにそのアプリのレビューのいくつかを読んでみた。そこにはつい先程、おれが手動で送信したばかりのエバーノートに「自動」でログを送ってくれるという衝撃的な事実が書かれているではないか。最初から最後まできっちりと自動!揺りかごから墓場まで!もしかするとおれが求めていたのは、「moves」ではなくて「placeme」だったのかもしれない。そう思うと矢も盾もたまらずインストールしてしまっていた。

そういうわけで、現在おれのiPhoneでは2つの似たようなアプリが起動中だ。おかげでバッテリー消費量は格段に早くなってしまった…。

そして今、今日のログを確認したところ2つのアプリはきっちりとおれが近所のブックオフ以外にはどこにも出かけていないことを口を揃えて証言するのだった。おまけに「moves」ときたら、おれが今日「たった234歩」しか歩いていないことまで指摘するのだ。

耳の奥で、あのイカす声でミックがおれに囁くのが聞こえる。

“You gotta move”

Posted from するぷろ for iOS.