読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ROAD TO NIRVANA

愛とポエムとお花のブログ。ときどき書評。たまに映画レビューとか。

空を横切るカラスを見た

photo credit: AlicePopkorn via photopin cc

ここ最近の休日の過ごし方の定番はコタツに潜り込んでウトウトするというもはや老人以外のなにものでもないようなライフスタイルを送っている。

今日も娘とコタツに入ってテレビの女子駅伝中継を見ているうちに寝落ちしてしまっていた。

いくら休みといっても1回は戸外に出た方がいい。

というわけで、近所のスーパーに買い出しに出ることにした。出がけにカミさんが、「最近、あそこのスーパー品揃えが悪くなって…」というようなことを言っていたが、実際その通りだった。

ショーケースには一通りの商品はあるもののいくつもポッカリと空いたスペースが目立って、貼り紙があった。

ただいま商品仕入れが困難なためご迷惑をおかけしております

と、いうような内容だった。

ふと、東日本大震災直後のスーパーマーケットの光景を思い出したおれは市場で何か混乱が発生して物流に異変が起きているのかと思い、近くにいた店員さんに声をかけた。

「あの貼り紙見たんですが、何かあったんですか?」

店員のおじさんは申し訳なさそうに頷くと、「そうなんです。今、経営が苦しくて…」と言う。

つまりそのスーパーは今、経営危機に陥っているのだった。その理由が何であれ、危ないとあれば、取引先も商品納入を渋るだろうということは素人でも分かる。

商品が疎らになれば訪れた客も分かる。

買う物がないとなれば客足も遠のく。まさしく負のスパイラルである。

この雰囲気だともって年内という感じだった。人間で言えば延命措置で何とか息をしているという印象だった。

おれは店内を一通り見て回った。買いたいものはすでに売り切れまたは元々陳列されてなかった。

豆乳と蜜柑だけ買って店を出た。

空は日が暮れかかっていた。

いよいよ「不景気」がその姿を現してきたのだというようにカラスが空を横切っていくのが見えた。

アベノミクスで日本経済大躍進がやってくる (現代ビジネスブック)

アベノミクスで日本経済大躍進がやってくる (現代ビジネスブック)

アベノミクスは何をもたらすか

アベノミクスは何をもたらすか