読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ROAD TO NIRVANA

愛とポエムとお花のブログ。ときどき書評。たまに映画レビューとか。

ホット・ウォーター・ミュージック

冬の寒い朝に顔を洗うとき、あるいは夜に熱い風呂に浸かるとき、おれはチャールズ・ブコウスキーの『ホット・ウォーター・ミュージック』を思い出す。

思い出すと言いながらその実、内容はまるっきり覚えていない。

若い頃は、蛇口を捻ればすぐにホット・ウォーターが出てくるような生活ではなかった。

冬はまずヤカンでお湯を沸かし、それからおもむろに髭を剃るなり、顔を洗うなりしていた。

当然、風呂などなかった。一体何年銭湯に通ったことだろう。

そういうわけで、自宅で熱いシャワーを浴びたり、熱い湯船に身体を沈めることができることが今でも時折、奇蹟のことのように思える。

そして、あの無頼派のブコウスキーももしかしたら、同じようなことを感じていたからこそ、『ホット・ウォーター・ミュージック』などというタイトルをつけたのではないのかと夢想したものだ。

しかしながら、今、検索してみたらこんなのがあった。▼

hot water 名 〔シャワーなどの〕湯、温水◆略HW 〈話〉困った状況、窮地、窮境、苦境、困難

なるほどね。さしずめ、窮地の歌ってことだったのか。

まあそう言われてみれば、そっちの方がブコウスキーらしいのかもしれない。

だからと言って、おれは白けることはない。

これからも温かい湯を使うときは、ブコウスキーのことを思い出すだろう。

前よりも頻繁に。

そして心の中で、強引に屁理屈をこねて、窮地ってのは、ある意味奇蹟みたいなもんなんだ。と自分自身に言い聞かせるだろう。

あんたが窮地に陥ってるって感じてるうちは、つまり、今起きている奇蹟に気づいてないってことなんだ。

ブコウスキーの3ダース―ホット・ウォーター・ミュージック

ブコウスキーの3ダース―ホット・ウォーター・ミュージック

▲何だか知らないが、いつの間にか『ブコウスキーの3ダース』なんていうタイトルに変更されている。
Hot Water Music

Hot Water Music

Hot Water Music

Hot Water Music