読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ROAD TO NIRVANA

愛とポエムとお花のブログ。ときどき書評。たまに映画レビューとか。

Let's get shake ‼︎

この年の瀬にバター不足ということらしい。気がつけば、どこのスーパーも品薄状態だ。バターに限ったことではない。気がつけば、「それ」はすでに入手困難となっている。気づいたときには、すべてが終わっている。勝敗は決している。それが庶民の宿命だ。

嘆いても仕方ない。嘆いて手に入るのは「不運」あるいは、「依存性」くらいのものだ。

だからおれは嘆かない。嘆かないことにした。嘆きはかなりのエネルギーを要する割に得るものは少ない。燃費が悪過ぎる。涅槃に到達するための燃料としてはあまりにも不適切だ。毒性の高い排ガスも相当発生する。大抵の場合、その排ガスの影響により涅槃への道半ば、「クルマ」は動かなくなる。

涅槃への旅の基本は、Yahoo乗り換え案内でヒットするような「安・楽・短」がいい。安心して楽しんでサクッと行く。

そこで、今回は手作りバターに挑戦した。人生はチャレンジだ。チャレンジとは人生だ。

作り方

f:id:go-nirvana:20141221115446j:plain

▲用意するものは、生クリーム(200ml)、塩(2g)、空のペットボトル(500ccのやつ)

f:id:go-nirvana:20141221115742j:plain

▲ペットボトルに、塩と生クリームを入れる。そして、ひたすらシェイクする。

f:id:go-nirvana:20141221120146j:plain

▲5分程度、シェイクするとこうなる。

f:id:go-nirvana:20141221120322j:plain

▲10分くらいシェイクすると、乳清が分離してくる。

f:id:go-nirvana:20141221120523j:plain

▲手が疲れてきたので、適当に切り上げて乳清をグラスに取っておく。大体、15分シェイクした。

f:id:go-nirvana:20141221120712j:plain

▲100gのバターの出来上がり。グラスに取り分けた乳清はスクランブルエッグに混ぜて食べた。

f:id:go-nirvana:20141221120931j:plain

▲早速、トーストに塗って食べた。本当は食べる前に写真を撮るつもりだったが、すっかり忘れていた。嘆いても仕方ない。おれは嘆かない。

感想

一番重要な味だが、市販のバターとなんら遜色もなかった。しかも実に簡単にできる。ただ、振るだけで出来立てのバターが味わえる。なぜ今まで振らなかったのかと思う。なぜシェイクしなかったのか。

われわれはシェイクすることを忘れている。おれの耳元でバターの神が囁く。

「私と出会いたければ、シェイクするのだ。シェイクすることを取り戻んだ」

おれはうなづいて、ルースターズのナンバーを大音量で流す。

シェイクを取り戻す。この道しかない

錆び頭には飽き飽きしたぜ。

今、素敵なほうを選ぼうぜ。

〈Let's rock/ The roosters

Let's rock and get shake our LIFE.

人生をシェイクしよう。