読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ROAD TO NIRVANA

愛とポエムとお花のブログ。ときどき書評。たまに映画レビューとか。

砂漠に降る雨/SION 『鏡雨』

f:id:go-nirvana:20150202172229j:plain

朝、駅に向かう。寒さで悴んだ身体をほぐすように早足で歩く。

iTunesからシャッフルされた音楽が流れる。

SION…『鏡雨』

数は多いのにただ一人の足音にも聞こえる 規則正しい独白の大粒な雨が 街に降りる 君に降りる まるで誰かの深いため息のように

昨日、日曜の朝、ネットもテレビも「イスラム国」が世界中に配信したとされる無残な動画の話題で占められていた。

犠牲者を悼む声と共に、現政権への批判も高まりつつあるように思える。そうかと思えば、相変わらず「自己責任」を叫ぶ人々も少なくない。(もちろんこうした発言はネットに限られているようだが…)

数は多いのにただ一人の足音にも聞こえる 規則正しい独白の大粒な雨が 街に降りる 君に降りる まるで誰かの深いため息のように

一夜明けると、情報は更に錯綜する。

「あの動画は明らかに加工されている」

そんな声が上がる。

そうかもしれないし、そうではないかもしれない。

それでは彼らは、人質たちは、どこで生きているのか?まったく別の場所で別の人生を始めるのか?何のために?誰のために?

それでは彼らの冥福を祈ることは的外れなのか、そうでないのか。

虚実が入り混じり、疑念と信念が限りなく同じものに見えてくる。

風に乗って八つ当たりのごとく窓を叩くこともなく 本当の事だけ静かに静かに話す雨が 街を映す 君を映す 飾りをいっさい排除した鏡になって

ふと、砂漠に雨は降らないのだろうかと思う。砂漠に生きる人たちは何に自分を映すのだろうかと思う。砂漠に生きる人たちの「鏡」は何だろうと思う。

人はひとつだと みんな同じだと バカ言ってんじゃねえ みんな違うからのたうち回ってんだろ

テロの脅威が囁かれ、テロに屈してはならないという声が上がり、すべて陰謀だと冷ややかな視線が交錯し、クールなリアリストでありたい人々の自己言及的分析が明滅し、それぞれの信じる「現実」が奇妙なグラデーションを織り成す。

天と地をつなぐ無色透明のポールにも見える 無数だがただひとつの声にも聞こえる雨が 街に降りる 君に降りる 希望を込めた憧れの祈りのように

砂漠に生きる人たちの天と地をつなぐものは何だろうか。無数だがただひとつの声にも聞こえるものは何だろうか。

耳を塞げば塞ぐほど増幅するその声と想いの 所有者を静かに静かに教える雨が 街を映す 君を映す 飾りを一切排除した鏡になって

おれたちがそれぞれの視点からそれぞれの意見を主張するのは、ただひとつの声を遮るためなのかもしれない。

おれたちは実は何も所有していないことから逃れるために、それを告げるただひとつの声に耳を塞いでいるのかもしれない。

人はひとつだと みんな同じだと バカ言ってんじゃねえ みんな違うからのたうち回ってんだろ みんな違うから殺し合ってんだろ みんな違うから泣いてんだろ みんな違うから分かろうとするんだろ 分かろうとするんだろ

冬の朝、砂漠に降る雨を想う。

砂漠に生きる人たちの天と地をつなぐものは何だろうか。無数だがただひとつの声にも聞こえるものは何だろうか。

極東の島国に生きる人たちの天と地をつなぐものは何だろうか。無数だがただひとつの声にも聞こえるものは何だろうか。

冬の朝、「飾りを一切排除した鏡」のことを想う。

鏡雨

鏡雨