読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ROAD TO NIRVANA

愛とポエムとお花のブログ。ときどき書評。たまに映画レビューとか。

Can you hear the sad song ? /『ただそのままでいるための超簡約指南』レビュー

ただそのままでいるための超簡約指南(覚醒ブックス)

ただそのままでいるための超簡約指南(覚醒ブックス)

  • 作者: J・ジェニファー・マシューズ,古閑博丈
  • 出版社/メーカー: ナチュラルスピリット
  • 発売日: 2014/10/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
薄い本である。100ページにも満たない。たぶん2時間もあれば読み終えることができる。速読スキルを持つ人なら、それこそあっという間に読了してしまうだろう。そしてやがてそんな本を読んだことさえも忘れてしまい、「もっと分かりやすい」、「もっと具体的な」マニュアル本はないのかと探究者よろしく、書店やAmazonのスピリチュアル関連のコーナーのリサーチを再開するのかもしれない。

 それで、何の問題もない。

 自分が「今この瞬間」にどんな感情を持って、どんな思考をしているかに気づいているのなら、それでいい。

 この「薄い本」の著者である J・ジェニファー・マシューズは女性で、ボストンのホームレス支援のための施設で働いているという。

 f:id:go-nirvana:20150223055616j:plain Amazon.com: J Jennifer Matthews: Books, Biography, Blog, Audiobooks, Kindle 

ホームレス支援施設で働く前は、救急センターでカウンセラー・瞑想指導者として働いたようだ。 その写真は、中性的な顔立ちとキャップを被っているのとが相まって、どこか「禅僧」を思わせる。

 その表情は、あれかこれかと答えを求める者たちに「あなたはそう思うのね」と微笑んでいるようだ。

あれかこれか。白か黒か。善か悪か。勝ちか負けか。

本書は、そんなお馴染みの二元論を超えた思想、いわゆる「非二元論」、あるいは「アドヴァイタ」として知られる思想というか考え方というか、そんなまなざしで語られている。

しかしそんなことは知らなくてもいい。大切なのは、「今この瞬間の経験の神秘とせつなさ」に気づき、そこにとどまり続けること。

そのためにはどうしたらいい?

ただそのままでいること。

そしてそんな「ただそのまま」から離れようとする「自分」を見つめ続けること。

やがて、あるいは即座にあなたは目撃するだろう。「個として閉じられた自分」という蕾が開花するその瞬間を。

少し前の澄みわたったある秋の日、わたしはライティングデスクを夢中になって見つめていた。気がふれた人間だと思われたいわけじゃないけど、ライティングデスクがわたしに「やあ」と言った…中略…ライティングデスクは自己発光しながら輝いていた。 p.70

その瞬間、すべてが「自己発光」する。そしてあらゆる「境界」がワンネスに溶けていく。

おれもそこまでは分かる。しかし「その瞬間」にとどまり続けることはできていないことも知っている。

いや、違う。

「知っている」のではない。本当は知らないふりをしているだけだ。

おれたちは「今この瞬間の生の神秘」にとどまり続けることしかできないという「事実」から目を逸らしているだけだ。

この「薄い本」の行間には書かれなかった著者の「分厚い」経験と思索が充満している。ページをめくるたびに、どこか懐かしい芳香が鼻をくすぐる。アロマセラピーを受けているような感覚に包まれる。

心がシンと静まり返っていることに気がつく。


Taste your life !


レビュープラスさんより献本いただきました。