読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ROAD TO NIRVANA

愛とポエムとお花のブログ。ときどき書評。たまに映画レビューとか。

Stance on STAN SMITH

今週のお題「わたしの一足」

というわけで、割と最近アディダスのスタンスミスを買ったので、「今週のお題」に乗ってみた。

今日は何を履こうかなどと考えることもなく、一年以上、晴れの日も雨の日も、病めるときも、富めるときも、要するに年がら年中、レッドウィングを履いていたのだが、1年半から2年毎にリソールするくらいなら、「もう一足くらい靴あってもいいんじゃない?」と思い、ここのところ人気があるらしいスタンスミスを買ってみた。

アディダスのシューズは、硬くて履きにくいという勝手な思い込みがあったが、このスタンスミスは柔らかく予想以上に履きやすい。多くの人が「定番アイテム」としているのも頷ける。

とは言っても、おれが買ったのは、ABCマートの「廉価版」スタンスミスだが。

そもそもスタンスミスにそんなに思い入れがあったわけではないので、特に不満はないし、スニーカーの細部の違いを語るほどの知識もない。

まあ、スニーカーを履くのに知識は特に必要ないだろうと考えるおれだが、余計な選択は退けるというミニマリズムの観点から見ても、このスタンスミスは、もしかしたら、今後もずっと履き続けてもいいかもしれないと思っている。

そして、そのうち生半可な知識など得て、スニーカー通のような顔をして、やっぱり「正規版」のスタンスミスじゃなきゃなどと思うようになるのかもしれない。

まあその可能性はかなり低いとは思うが。

おれはモノは大事にする方だが、特定のモノに特別な思い入れのようなものはあまり持てない口だからだ。

たまにそういう人を見かけるが、モノに対するその情熱は一体どこから来るのだろうと不思議でならない。

ただ、縁あっておれの元に来ることになったスタンスミスだ。なるべく大切に履いていこうと思っている。

STAN SMITH スタンスミス|adidas アディダスオリジナルス通販 | ABC-MARTオンラインストア 【公式】靴とスポーツウェアの通販